多言語国家スイスはいかにして可能かー直接民主主義と中立から考える

開催日 2022-08-02〜2022-08-02
開催場所 オンライン(Zoomウェビナー)
概要 国民国家という概念が成立して以来、言語は国民を統合するための手段として用いられ、単一言語を国家語とする国も少なくない。本公演の対象であるスイスはドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語(レート・ロマンシュ語)の四つの言語を国家語あるいは公用語にしている。
本公演では、まず、スイスがいかにして多言語国家となったのか、歴史的経緯を確認し、多言語性がもたらす問題や言語圏の対立について扱う。それを踏まえ、スイスの多言語性を可能にしている「直接民主主義」という政治制度と「中立」というイデオロギーについて検討する。
多言語性、直接民主主義、中立はいずれもスイスのナショナル・アイデンティティである。この三つの概念を通じて、「多様性の上に一つの政治体を構築」しているスイスという国に迫ってみたい。

登壇者:穐山 洋子(同志社大学グローバル地域文化学部准教授)
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了、博士(学術)。現在、同志社大学グローバル地域文化学部准教授。専門はスイス近現代史。主な業績として、(単著)Das Schächtverbot von 1893 und die Tierschutzvereine. Kulturelle Nationsbildung der Schweiz in der zweiten Hälfte des 19. Jahrhunderts, Berlin: Metropol Verlag, 2019、(共著)『中立国スイスとナチズム−第二次大戦と歴史認識』京都大学学術出版会、2010年などがある。
外部リンク https://www.jtf.jp/learn/seminar/135
主催 一般社団法人 日本翻訳連盟