【十印】新サービス「英文契約書らくらく翻訳パック」をリリース

コロナ禍でも日本企業の海外進出は減速せず、マーケットはますますグローバルに広がっています。

大企業だけではなく中小企業でも英文での契約書や、利用規約を作成や内容確認が必要な場面が増加しています。

 「英文契約書らくらく翻訳パック(https://to-in.com/legal-pack)」は、創業から59年の実績を持つ企業向け翻訳サービスを行う株式会社十印(TOIN)と、国際取引コンサルティング・サービスを展開する国際事業開発株式会社(IBD)(https://ibd-net.co.jp/)が共同で作成した契約書に特化した翻訳エンジンを利用できるだけではなく、IBDが所持する500 種の英・日・中文契約書式と10,000 以上の条項例のデータベースをご使用いただける「英文契約書」に特化したサービスです。

 14日間無料トライアルを実施中ですので、ご興味がある方はこの機会に是非お試しください。

■詳細:https://to-in.com/legal-pack

■お問い合わせ・資料請求:https://to-in.com/an-zin_contact

■無料トライアル: 件名に「英文契約書らくらく翻訳パックトライアル希望(JTF)」とお書きの上「mt-strategies@to-in.co.jp」までご連絡をください。

=====================

こんな方にオススメです

=====================

  • 契約書やリーガルに特化した翻訳サービスを捜している
  • リーガルチェックに出す前におおよその英文契約書を社内で作成したい
  • 契約書の種類によるテンプレートを確認したい
  • 外国企業からきた英文契約書の内容が妥当かどうか確認したい
  • 英文契約書と関連英語資料を、直ちに社内で翻訳したい
  • 日本語の契約書と説明書を素早く英訳して、取引相手に提示したい
  • セキュリティに万全な環境で契約書の翻訳を行いたい

 こんなお悩みをすべて「英文契約書らくらく翻訳パック」が解決します!

翻訳精度の高さは国際弁護士である桃尾・松尾・難波法律事務所の鳥養 雅夫弁護士からも推薦を頂いています(詳細はこちら:https://to-in.com/service/mt/an-zin/legal-recommendation

=====================

5つのメリット

=====================

  1. 契約書に特化した高精度AI翻訳
    創業1963年の翻訳会社「十印」と国際取引コンサルティング・サービスを展開する「国際事業開発株式会社(IBD)」が共同で開発したリーガルエンジンを搭載しています。国際弁護士も推薦している精度には自信があります。
  2. 国際取引専門家による研究成果の契約書データベースが利用可能
    日本貿易振興機構(JETRO)をはじめとする公的機関、大・中・小企業、弁護士・司法書士・行政書士・会計士等、日本中で使われている「IBD」が作成した500 種の英・日・中文契約書式と10,000 以上の条項例のデータベースをご使用いただけます。
  3.  TOEIC960点相当の汎用エンジン
    十印のAI翻訳ツール「T-tact AN-ZIN」の汎用エンジンは第2回日本オープンイノベーション大賞で総務大臣賞を受賞した「翻訳バンク」プロジェクトで集められた質のいい大量の対訳データで学習させています。翻訳の品質を確認できる逆翻訳機能、PDFなどのファイル翻訳機能、Microsoft Office製品上で直接翻訳できるプラグイン機能などもご利用いただけます。
  4.  ISMS に準拠した万全のセキュリティ
    T-tact AN-ZINではAmazon Web Services(AWS)を利用しており、通信は全てSSLで暗号化されています。また、ユーザ固有の情報はハッシュ化(不可逆変換)により弊社も含めた第三者に解読されることはありません。IPアドレス制限も設けており、よりセキュアにご利用いただけます。また、十印は今年情報セキュリティに関する国際規格・ISO27001(ISMS)の認証をうけました。
  5.  ユーザー数無制限の低コスト
    初期費用なし、制限文字数内であればでユーザー毎の費用がかからないので社員何人でも使用可能です。

■詳細:https://to-in.com/legal-pack

■お問い合わせ・資料請求:https://to-in.com/an-zin_contact

■無料トライアル: 件名に「英文契約書らくらく翻訳パックトライアル希望(JTF)」とお書きの上「mt-strategies@to-in.co.jp」までご連絡をください。

共有