【通信添削講座】特許和英翻訳講座-機械工学編-

〈お申込み受付開始〉

 

面白い!

発明技術やその周辺技術の多くが「製品」であるため、メディアや日常生活で発明の成果物(例えば掃除ロボットの実物など)を目にする機会が比較的多く、担当している翻訳案件と身の回りとの関係を肌で実感しやすいという点が機械工学技術分野の面白さの一つです。

 

わかり易い!

図面から発明主題の技術内容を理解しやすくイメージしやすいので、特に技術専門分野を持たない文系出身の方も翻訳者として本分野で多数活躍されています。

 

チャレンジし易い!

最初の挑戦は誰にとってもハードルが高いものです。機械工学分野の知識をお持ちの方のみならず、技術専門分野をお持ちでない方のお申込みもお待ちしております。

 

【概要】

機械工学技術分野の特許翻訳(和英)にはその分野特有の考え方やルールがあります。また、他の分野に比べて技術内容が幅広く多岐にわたり、英語表現も多彩です。英語圏オリジナルの明細書をベースに、最新の外国特許実務情報に基づいて、特許クレームや明細書の各部分で用いる英語表現や論理的な翻訳手法を学んでいただきます。

 

【対象】

・特許翻訳についての基礎的な知識をお持ちの方

(特許翻訳講座の基礎編を受講された方もしくはそれと同等レベル)

・機械工学分野の特許翻訳者を目指したい方

・すでに翻訳を行っているが上達を目指したい方

・とにかく特許翻訳の世界を覗いてみたい方

 

受講期間: 20221118日(金)~202323日(金)

 

内容:

1回:翻訳解説と演習その1(概論・クレームの翻訳)

2回:翻訳解説と演習その2(クレームの翻訳2回目)

3回:翻訳解説と演習その3(モノ・装置の構造)

4回:翻訳解説と演習その4(モノ・装置の作動・動作)

5回:翻訳解説と演習その5(数・程度・方向・幾何学的表現など)

6回:まとめと演習

 

講座詳細・お申込みはこちら↓

https://www.chizai.jp/academy/seminar/JtoETranslationMecha2022_J.html

 

株式会社知財コーポレーション 知財アカデミー事務局

担当:猪俣

E-mail: academy@chizai.jp

 

共有