翻訳会社十印、AI翻訳「T-tact AN-ZIN(R)」新バージョン(3.0)をリリース。訳文の品質が大きく向上

イタリア語、ロシア語、アラビア語などの言語ペアも追加

 企業向けに翻訳サービスを提供する株式会社十印(TAKARA & COグループ、 本社:東京都港区、 代表取締役会長:岡田 竜介、 以下 十印)は、 AI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN(R)(ティータクト アンジン)」において、 最新のAI学習を行った翻訳エンジンをリリースしました。 特に多言語は、 Transformer方式の学習を取り入れることで翻訳精度を大幅に向上しました。

  最新学習方式のVer3.0では翻訳精度が大幅に向上

最新の深層学習方式(Transformer方式)にて学習を行った翻訳エンジン3.0では翻訳精度が大幅に向上しています。 特に、 これまで旧モデル(RNN方式)の学習方法を行っていた多言語エンジン(ヨーロッパ言語や東南アジア言語)は、 従来型と比較して大きく精度が向上しました。 これにより、 すべての翻訳エンジンが最新モデルによる学習方式によるものとなりました。

また、 人間の翻訳した参照訳にどの程度近くなったかを計算して評価するBLEUスコアでは「67」という高い数字を得られました(*1)。 Googleの指標では40以上を「高品質な翻訳」、 60以上を「人が翻訳した場合よりも高品質であることが多い」としています。
*1
ドイツ語から日本語への翻訳にて検証

旧方式(Ver1.0)から 新方式(Ver3.0 )にアップデートしたエンジン の言語ペア
汎用エンジンではヨーロッパ言語、 東南言語を中心とした合計10か国語がVer3.0となり、 大きく品質が向上しています。

 ・・・旧方式のVer1.0からVer3.0にアップデートした言語の一覧・・・

<汎用エンジン>

日本語⇔韓国語

      スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語

      インドネシア語、タイ語、ベトナム語、ミャンマー語

英 語⇔中国語簡体字、中国語繁体字

      スペイン語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語

      インドネシア語、タイ語、ベトナム語、ミャンマー語

<特許エンジン>

日本語⇔韓国語、ドイツ語

英 語⇔中国語簡体字、中国語繁体字

<金融エンジン>

日本語⇔英語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すでに最新型Transformer方式を実装していた翻訳エンジン(Ver2.0)もすべてVer 3.0にアップデートしています。 Ver3.0ではVer2.0と比較して訳文の品質が向上しています。

翻訳エンジンの言語対の追加
Ver3.0
のバージョンアップに伴い、 汎用エンジンでは、 英語⇔韓国語、 イタリア語、 ロシア語、 アラビア語の4か国語、 特許エンジンでは日本語⇔フランス語の1言語の新たな言語ペアを追加しています。 追加された言語はすべてVer3.0を採用しています。

 ・・・Ver3.0で追加された言語のペアの一覧・・・

<汎用エンジン>

英 語⇔韓国語

      イタリア語、ロシア語、アラビア語

<特許エンジン>

日本語⇔フランス語

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 T-tact AN-ZINで使用できるすべての言語の一覧は以下を参照してください。
https://to-in.com/service/mt/an-zin


AI翻訳ツール T-tact AN-ZINとは
国立研究開発法人情報通信研究機構(以下、 NICT)から技術提供を受けて開発した商用のA I翻訳サービスです。
NICT
では総務省と共に翻訳データを収集し機械翻訳エンジンの精度を高めるためのプロジェクト(翻訳バンクプロジェクト)に取り組んでおり、 さまざまな企業からの翻訳データを収集しています。 十印も、 この国家プロジェクトに協力し、 NICTと共に2019年度の内閣府等主催の日本オープンイノベーション大賞にて総務大臣賞を受賞しています。
NICT
では翻訳バンクプロジェクトにて集められた質のいい翻訳データを使用して翻訳エンジンを作成しているため、 日本語を中心とした高精度のAI翻訳を実現しています。
T-tact AN-ZIN
は、 NICTの高精度な機械翻訳エンジンを、 簡単な手続、 かつ低価格でビジネスに利用できるようにしたものです。

AI翻訳ツール T-tact AN-ZIN の導入実績
20197月のリリースより、 高い翻訳精度、 きめ細やかなサポート体制、 厳重なセキュリティ、 抜群のコストパフォーマンスを評価いただき、 多くのお客様にご導入いただいています。 その売上は、 前年度比の245(*2)となり現在も伸び続けています。
*2 2021
2月現在の数字

また、 ユーザーの業種も多岐にわたり、 製造業、 情報通信産業をはじめ、 官公庁コンサルティング、 特許事務所、 観光関係、 個人翻訳者など翻訳が発生するさまざまな業種で導入いただいています(20212月現在)。

 T-tact AN-ZINは高いセキュリティ、 豊富な便利機能、 高精度の翻訳で、 ビジネス翻訳を劇的に効率化します。 AI翻訳の導入をお考えならご相談ください。
T-tact AN-ZIN
の詳細については以下をご参照ください。
https://to-in.com/lp
https://to-in.com/service/mt/an-zin

AN-ZIN」の名称は、 日本で最初の外交官と言われるウィリアム・アダムズ(三浦按針)より命名しています。

■問い合わせ先
メール  :mt-strategies@to-in.co.jp
電話番号 :03-6453-6285 担当:MT事業部まで
受付時間 : 9:0018:00(月~金:日本時間)

■翻訳バンクプロジェクトについて
NICTが総務省と共に、 企業がもつ良質な翻訳データを収集することで、 日本の翻訳技術の多分野化・高精度化に取り組むというプロジェクトです(https://h-bank.nict.go.jp )。 十印はこのプロジェクトに創設段階から賛同し、 独自に作成した翻訳データを提供しています。 この取組にて、 十印は内閣府等が主催した2019年度日本オープンイノベーション大賞にて総務大臣賞を受賞しています。 (https://to-in.com/104536)
ただし、 T-tact AN-ZINのお客様の翻訳データはお客様の許可なく提供することはございません。

■株式会社十印について
十印は、 1963年より半世紀にわたり企業向けのドキュメント制作に携わってきました。 技術文書の翻訳からスタートし、 時代の変化と、 お客様のニーズにいち早く対応しながら成長し、 現在ではIT分野のローカライズで高い実績を誇り、 「ローカリゼーションの十印」として認知されています。
1980
年代からは、 「言語研究所」を設立し、 日本初の機械翻訳プロジェクトMu プロジェクトに関わってきました。
一般社団法人日本翻訳連盟の立ち上げにも関わり、 長く会長を務め日本の産業翻訳の発展に貢献してきました。 独自の厳正なトライアルを合格した登録翻訳者数は3000名を超え、 IT分野にとどまらず、 半導体、 自動車、 医療・医薬、 ビジネス一般、 金融など広い分野に対応しています。
2019
2月、 ディスクロージャー及び IRサービスを提供する宝印刷株式会社(現株式会社TAKARA COMPANY)の100%子会社となりました。
現在は、 米国・中国・韓国にもネットワークを持ち、 海外のお客様との取引も多く行っています。

【株式会社十印(日本本社)
所在地 : 〒108-0014 東京都港区芝5丁目31番19号 ラウンドクロス田町7階
代表者 : 代表取締役会長 岡田 竜介
事業内容: 1) 翻訳、 ローカリゼーション、 2) MT翻訳サービス
資本金 :9,998万円
従業員数: 約80

電話番号: 03-6453-6285(代表)517日より移転予定)
URL
  : https://to-in.com

国立研究開発法人情報通信研究機構 NICT ついて
情報通信研究機構(NICT: National Institute of Information and Communications Technology)は、 情報通信分野を専門とした公的研究機関で、 情報通信技術(ICT)の研究開発を推進するとともに、 情報通信事業の振興業務を実施しています。
NICT
の開発した機械翻訳エンジンは、 世界的にも高い水準の翻訳品質を提供しています。

国立研究開発法人情報通信研究機構 本部
所在地 : 〒184-8795 東京都小金井市貫井北町4-2-1
代表者 : 理事長 徳田 英幸
電話番号:042-327-7429(代表)
URL
  : https://www.nict.go.jp/

共有