「通訳・翻訳ジャーナル」のイカロス出版がインプレスの完全子会社に

出版などのコンテンツ事業を営むインプレスホールディングス(東証1部)は、イカロス出版を完全子会社化したと27日に発表した。

イカロス出版は季刊の「通訳・翻訳ジャーナル」の他、業界参入者向けガイドブックや通訳翻訳関連書籍を多数刊行している。またウェブサイト「通訳翻訳WEB」(tsuhon.jp)でも関連情報を提供している。

インプレス発表資料によると、イカロス出版の専門コンテンツ力はインプレスグループとのシナジーが見込まれ、今後はファンコミュニティの構築や電子出版などに取り組む。また同資料によると、イカロス出版は最近3年間は赤字が続いていたようだ。


インプレスリリース:https://www.impressholdings.com/pdf.php?neid=559 (PDFファイル)

※ 画像はイカロス出版の「通訳翻訳WEB」トップページ(https://tsuhon.jp/)より取得


【追記 2021-08-02】イカロス出版も8/1に同社ウェブサイトで子会社化について発表している。「当社の社名、既存事業に関しましては、当面の変更はございません」とのことだ。

共有