言語業界の求人指数は低下するものの好調を維持 ― Slator調査

翻訳業界誌のSlatorは1月の業界求人指数(LIJI:Language Industry Job Index)を12日に発表した。

先月記録した過去最高の180.53から低下し、172.75だった。2021年6月から続いていた上昇はいったん止まった形だが、指数算出以来2番目の高さだ。Slatorは、クリスマス休暇による求人情報減少が低下の原因で、季節的なものだとしている。そのため業界の求人状況は依然好調であると考えてよいだろう。

なおLIJIは、業界のグローバルな求人トレンドを捉えるために、Slator誌がLinkedInなどの求人データから2018年7月を100として独自に算出している指数。


Slator発表:https://slator.com/job-index-retreats-in-seasonal-hiring-slowdown-in-january-2022/

※ 本ページ画像も上記URLより取得

共有