週間ニュースまとめ(2021-01-18)

編集長が注目した先週の業界ニュースをまとめて取り上げます。

業界ニュース

▼ LocWorldWide44および45の登壇者を募集中

ローカリゼーション業界イベント「LocWorldWide44」(2021年6月開催)および「LocWorldWide45」(2021年10月開催)の登壇者が募集されている。応募期限は、LocWorldWide44が2月12日、LocWorldWide45が3月12日。なお前回LocWorldWide43での採択率は38%だった。

詳細: https://locworld.com/call-for-papers-2021/

▼ ヨーロッパ翻訳業界調査の回答ページが開設

毎年実施されているヨーロッパ翻訳業界の調査への回答ページが開設された。EUATC、Elia、GALAなどの業界団体が共同で実施している。回答期限は2月14日。

詳細:https://euatc.org/industry-surveys/annual-european-language-industry-survey-has-opened-for-responses/

▼ トランスマートがクラウド翻訳サービスで中国語および韓国語に対応

トランスマート株式会社は、同社が提供するクラウド翻訳サービスで、新たに中国語(簡体字・繁体字)および韓国語への対応を開始した。従来は日英・英日のみだったが、ニーズの増加で対応言語を追加した。

詳細:https://jp.trans-mart.net/post-2614/

▼ MultiLingual誌の1/2月号が発行

翻訳業界誌のMultiLingualの2021年1/2月号が発行された。

詳細:https://multilingual.com/issues/jan-feb-2021/

掲載済み個別記事

他メディアのニュース紹介

【BBC】UK leading the way in use of language-learning apps

BBCによると、コロナ下のイギリスで、アプリを使った外国語学習者の数が他国と比べて大幅に増加している。外国語学習を楽しむようになった点やEU離脱の影響だという点などが理由として挙げられている。複数のアプリで、一番人気はスペイン語、続いてフランス語となっている。

詳細はこちら:https://www.bbc.com/news/business-55562267

【withnews】ついに完成!外国人のための文書改革に落とし穴… #役所をやさしく

神戸市役所では「やさしい日本語」に関するプロジェクトを推進しており、その様子がwithnewsで連載されている。本記事ではやさしい日本語と多言語翻訳との使い分けについて紹介。

詳細はこちら:https://withnews.jp/article/f0210115005qq000000000000000W0fo11101qq000022386A

【ジャパンタイムズ】Jeffrey Angles: Being a translator is an honor and a responsibility

現代日本文学の翻訳家で研究者であるジェフリー・アングルス氏に関する記事がジャパンタイムズに掲載されている。同氏は日本語による詩集『わたしの日付変更線』で第68回読売文学賞も受賞している。記事の末尾に翻訳者へのアドバイスも。

詳細はこちら:https://www.japantimes.co.jp/culture/2021/01/16/books/jeffrey-angles/


その他の情報まとめ

ニュースリリース

先週JTFジャーナルに掲載されたニュースリリースです。

求人

先週JTFウェブサイトに掲載された求人情報です。

業界イベント/勉強会

近日開催されるイベントなどの情報です。

共有