Nimdziが言語テクノロジー地図の2021年版を公開

調査会社のNimdziは、現在サービス提供されている言語テクノロジーをまとめた「Language Technology Atlas」の2021年版を5日に公開した。下記のURLから無償で閲覧できる。

2021年版では約700件がカテゴリー別に掲載されている。大カテゴリーは次の通りとなっている。

  • TMS
  • 翻訳ビジネス管理システム
  • オーディオビジュアル翻訳ツール
  • 品質管理
  • 統合用ツール
  • 機械翻訳
  • マーケットプレイス、プラットフォーム
  • 通訳システム
  • 音声認識

また、最近の変化やトレンドに関しても説明されている。トレンドとしては「仮想通訳テクノロジー」、「自動通訳ツールとコンピューター支援通訳ツール」、「リモート吹き替え」などが挙げられている。やはりコロナ禍によるリモート化が言語テクノロジーのトレンドにも影響しているようだ。


Nimdzi社Language Technology Atlas:https://www.nimdzi.com/language-technology-atlas

※画像取得元も上記URL

共有