TCシンポジウムの10月セッション時間割が発表

テクニカルコミュニケーター協会が主催する「TCシンポジウム」の10月セッションの時間割が発表された。オンライン形式で開催され、ライブ配信は10/6〜8に予定されている。

基調講演は「テレワーク時代の仕事術とは」で、社会保険労務士法人NSRの武田かおり氏が登壇する。翻訳と関係ありそうなセッションとしては、ミニセッション「誤訳を生み出さないためにできること」、協会発表「AI翻訳だからこそ、翻訳元の文に論理性が必要」のほか、スポンサーセッションでも翻訳関連製品がいくつか紹介される。

全体として合計48セッションが予定されており、一部は無償で視聴できる。申込期限は9/30(水)。


TCシンポジウム2021年10月セッションのページ:https://jtca-web.com/2021/area/202110-kyoto/

※ 本ページ画像も上記リンク先から取得

共有