Slatorが言語サービス企業ランキングを発表

翻訳業界誌のSlatorは、2021年版の言語サービス企業の世界ランキングを発表した。収益規模で174社が掲載されており、うち60社は初めて登場する。

日本企業では17位に翻訳センター、31位にロゼッタ、35位にクレステックが入っている。

全体で1位はトランスパーフェクト、2位はライオンブリッジで前年と変わらず。3位には、昨年SDLを買収したRWSが入った。

Slatorの発表:https://slator.com/language-service-provider-index/the-slator-2021-language-service-provider-index/

(なお同日にNimdziもランキングを発表している)

共有