大日本印刷がマンガに特化したAI翻訳エンジンを共同開発

大日本印刷株式会社(DNP)は、AI翻訳サービスのMantra株式会社と共同で、マンガに特化したAI翻訳エンジンを開発したと8日に発表した。

開発したエンジンは、DNPのマンガ多言語制作システム「MOES」に搭載し、2021年中の実用化を目指す。従来MOESでの翻訳作業は翻訳者が手作業で実施していたものの、評価テストでは作業時間が30%以上削減された。自動翻訳後は翻訳者やチェッカーの校正作業も設けて品質を担保する。

DNPでは、同システムを含むマンガ制作関連事業で5年後までに120億円の売上を目指すという。


DNPリリース:https://www.dnp.co.jp/news/detail/10161408_1587.html

共有