ATCとNimdziがイギリス言語業界レポートを公開

イギリスの業界団体ATCと調査会社Nimdziは、イギリス言語業界に関する2021年版調査レポートを8日に公開した。レポートはATCまたはNimdziのウェブサイトから無料で入手できる。

結果の要点として次の10個が挙げられている。

  1. 企業の半分がプラス成長だった
  2. 言語サービス市場は拡大している
  3. 約半分の企業がブレグジットに懸念を抱いている
  4. 最大顧客はヨーロッパ大陸
  5. 企業はCOVID-19の影響を感じた
  6. 粗利と単価は安定
  7. 在宅勤務が定着
  8. イギリスは技術開発が活発(?)
  9. 中小企業の最大顧客はクリエイティブ産業
  10. 世界動向が中小企業にも影響

他にも、企業の売上規模別割合、売上上位10社、提供サービス、利用テクノロジーなど、基本的なデータもグラフを交えて分かりやすく提示されている。イギリスの業界について知りたい場合はもちろん活用できるし、翻訳会社は自社との比較で立ち位置を確認することもできるはずだ。


※ 本ページ画像は上記ATCのページより取得

共有