私の一冊『究極の英語ライティング』

第4回:日英翻訳者・JTFジャーナル編集委員 松本佳月さん

『究極の英語ライティング』 遠田和子 (著)、岩渕デボラ (英文校閲)、研究社、2018年

私が紹介する一冊は、日英翻訳者・遠田和子さんの著書『究極の英語ライティング』です。

私は日英翻訳者として、遠田和子さんの英文ライティング講座を数多く受講してきました。その中で学んだエッセンスがすべてこの本に詰まっていると言っても過言ではありません。

日英翻訳とは、単に日本語を英語に置き換える作業ではありません。日本語を読んで頭の中に絵を描き、それを英語で表現するわけですが、その時、前後の文脈によって読者が読みやすい主語や動詞を選択する必要があります。

この本を繰り返し読み、練習をして行くことで、読者の目線に立ったわかりやすい英文が書けるようになります。この本を通じて、機械にはできない、人間翻訳者としての強みを伸ばすことができます。

英語学習者からプロの英訳者の方まで、すべての方に読んでいただきたい良書です。

★次回はこの本の著者である日英翻訳者の遠田和子さんに「私の一冊」を紹介していただきます。

←私の一冊『カラマーゾフの兄弟』

共有