言語業界の求人状況は好調を維持 ― Slator調査

翻訳業界誌のSlatorは11月の業界求人指標(LIJI:Language Industry Job Index)を2日に発表した。先月より微増の168.75で、過去最高を更新した。

LIJIは、業界のグローバルな求人トレンドを捉えるために、Slator誌がLinkedInなどの求人データから2018年7月を100として独自に算出している指標である。コロナ禍により昨年7月に指数算出開始以来で最低となる95.66を記録したものの、その後はほぼ一直線に回復を続けている。

他の調査からも業界全体の好調さはうかがえる。先月末に発表されたGALAの景気動向調査(記事)では、前四半期より需要が増加したという回答は66%、翌四半期も増加を見込んでいるという回答は8割を超えていた。


Slator発表:https://slator.com/language-industry-job-index-climbs-fifth-consecutive-month/

※本ページ画像も上記URLより取得

共有